post

こんにちは!アイフォンドクター札幌店 藤田です♪

札幌も最近30度前後の気温で、ようやく夏本番と言った感じですね!

楽しい夏が始まってますが、熱中症対策にしっかりと水分補給をお忘れなく!

ご自身もお体だけでなく、精密機械であるiPhoneも暑さによって故障してしまう場合があるのです。

なので、今回はiPhoneが熱くなってしまった時の対処方法や、発熱を防ぐための方法を紹介します!

 

○iPhoneがアツさの限界にきたら起こること


あつさの限界に到達すると、iPhoneの画面に、

「iPhone を冷やす必要があります」と通知が表示され、充電ができなくなったりします。

冷えることで正常な状態にもどります。落ち着いて対処しましょう。

kouon

こんな場面は要注意!!!


・車に置き忘れ

車のダッシュボードの上などは、特に熱くなりやすいので置かないようにしましょう。
気温が36℃であっても車を駐車している間に夏の車内は75℃まで温度が上がってしまうこともあります。

・直接、日光の当たる場所で長時間放置。
BBQなどの屋外でテーブルの上にiPhoneを放置、直射日光でめちゃめちゃ熱くなります。

また、長時間放っておくと液晶パネルが壊れたりする恐れもあります。

・カバンの中など、こもった所で充電をする。
カバンにいれてモバイルバッテリーなどで充電をする。日中にカバンの中に入れて充電すると熱がこもってしまいます。
この時期モバイルバッテリーで充電する際はなるべく日陰など直射日光は避けたほうがいいです。

 

 ○熱くなっているiPhoneの正しい冷まし方


・冷めるまでまず電源を切る。

・空調の効いた部屋(20度〜)にそのまま放置し冷ます。

・装着しているケースを外し熱を逃がす。

・熱くない金属の上に置き冷ます。

むやみに急激に冷やすことはせず、涼しい場所に放置することが一番です。

もしiphoneが熱くなってしまった際に上記の方法などではゆっくり冷ましてあげてください。

 

iPhoneが熱くなっているのに気がついても急いで冷ますと逆に故障してしまう場合があります。

冷蔵庫やクーラーボックスなどに入れて急激に冷ましてしまうと内部で結露してしまい壊れてしまう可能性があります。

十分に気をつけてください。

 

これで、iPhoneも熱中症対策もバッチリですね!!(^^)

iPhoneでお困りの際は、是非アイフォンドクター札幌店までご相談ください♪

 

iPhone修理実績No.1
アイフォンドクター札幌店
札幌市西区八軒1条西1丁目1-26
アルファ琴似駅前BLD 601
TEL:0120-870-468

受付時間:月~土 10:00~20:00(最終受付19:00)
日曜  10:00~18:00(最終受付17:00)

定休日:祝
(営業時間外でもまずはご相談ください)

URL:http://www.iphone999.jp/
#アイフォン #iPhone #iPhone修理 #iPhoneの画面が割れた #バッテリー #データ消えない #札幌市 #札幌市西区 #琴似 #即日修理 #小樽 #石狩 #水没