icon-adjust はじめに


 iPhoneユーザーであれば、誰でも一回は耳にしたことがある『バックアップ』。

ご存知だとは思いますが、バックアップとは、機種を変えたり、なくしてしまったり、壊れてしまった時のための保険として、

iPhoneの中のデータを別のところに保存しておく事を言います。

 

誰もが知ってはいるけれど、

・バックアップを取りたいけど、バックアップの取り方がわからない。

・パソコンが無い時はどうすればいいの?

など、お困りの声をよく耳にします。

なので、今回はバックアップについて分かりやすく簡潔にご説明させて頂きたいと思います。

 

 icon-search  iCloudとiTunesでのバックアップの違いについて


 同じバックアップなのに、何が違うの?

と、お思いの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 icon-bookmark-o iCloudでのバックアップについて

iCloudとは、Appleが提供しているオンラインストレージのことをいいます。

分かりやすく言うと、『インターネット上にある保存庫にバックアップデータを保存』することです。

【メリット】

  iPhoneだけでバックアップが取れる!

  バックアップデータはインターネット上に保管される!

【デメリット】

  Wi-Fi環境がある事が条件!

   iTunesでのバックアップと比べるとバックアップが取れる範囲が少なく、追加料金が必要な場合もある。

 iCloudでのバックアップのやり方はコチラをクリック

 

 

 icon-bookmark-o  iTunesでのバックアップについて

こちらの方法は、ご自身がお持ちもパソコン上にあるiTunesに、iPhoneのデータを保管することです。

【メリット】

  バックアップが取れる範囲が広く、安心!

  iCloudの設定などめんどくさい場合、パソコンに繋ぐだけでバックアップが取れる!

【デメリット】

  パソコンが必須条件!

iTunesでのバックアップのやり方はコチラをクリック

 

 

 icon-search バックアップを取れる範囲の違いについて


 iCloudでのバックアップを取ってくれるデータは以下の通りです。

・音楽、映画、テレビ番組、アプリケーション、ブックの購入履歴
・着信音
・ホーム画面と App の配置
・デバイス設定
・Visual Voicemail
・App データ
・iMessage、テキスト(SMS)、および MMS メッセージ

※参考:iCloud ストレージとバックアップの概要

 

 icon-angle-double-right iTunesでのバックアップを取ってくれるデータは以下の通りです。

・カメラロールの写真とビデオ
・連絡先とよく使う連絡先
・ヘルスケア
・カレンダーアカウント、イベント、照会したカレンダー
・オフラインの Web App のキャッシュ/データベース
・Safari ブックマーク、Cookie、履歴、オフラインデータ、および現在開いているページ
・Web ページの自動入力
・キーチェーン
・ボイスメール
・メモ
・メールアカウント
・Microsoft Exchange のアカウント設定
・通話履歴
・メッセージ
・Game Center アカウント
・ボイスメモ
・ネットワーク設定
・App Store で購入した App のデータ
・App の設定、環境設定、書類などのデータ
・App 内で購入したもの
・壁紙
・ホーム画面の配置
・インストールされているプロファイル
・Nike + iPod の保存済みのワークアウトと設定
・登録されている Bluetooth デバイス
・キーボードショートカットと保存されている変換候補
・マップのブックマーク、最近の検索、およびマップに表示されている現在位置
・証明書の信頼性の確認がとれない信頼済みのホスト
・位置情報の使用を許可した App および Web サイトの位置情報サービスの環境設定
・Web クリップ

※参考したのはコチラです。iPhone、iPad および iPod touch のバックアップを iTunes で作成/削除する – Apple サポート

 

 

 

 

←TOPページに戻る