iPhoneのバックアップは、パソコンを使って「iTunes」で行う方法と、「iCloud」を使ってiPhoneだけで行う方法があります。
iCloudはAppleによるストレージサービスで、パソコンを持っていなくてもバックアップ作業が行えます。

 

バックアップの必要性


iPhoneを紛失したり、データを間違って消したなど、不測の事態が起きてもバックアップをとっていれば安心。簡単にデータを復元できます。

また、iOSのアップデートの前にも必ずiPhoneにあるデータのバックアップをとりましょう。もし何らかの不具合で アップデート作業が中断されてしまうと、iPhoneのデータが破損する恐れがあります。破損したデータを復元させるには、データのバックアップが必要です。

設定方法


iCloudはAppleによるストレージサービスで、5GBまでの容量を無料で利用できます。
データのバックアップのほかに、写真や書類を共有したり、紛失したiPhoneの位置を調べたりするのにも使います。iCloudをまだ設定していない人は、「設定」の中にある「iCloud」を選択してApple IDを入力します。 設定


サインインが完了したら、「ストレージとバックアップ」をタップします。その中にある「iCloudバックアップ」をオンにすると、「iCloudバックアップを開始」というウィンドウが表示されますので、「OK」をタップすると設定完了です。

iCloud

ストレージとバックアップ


すぐにバックアップをとるときは、「今すぐバックアップを作成」をタップします。バックアップ作業にかかる時間は、データ容量と通信環境により異なります。

ストレージとバックアップ

自動バックアップ


以下の条件がそろっているとき、iPhoneは自動でバックアップをとります。

・iCloudバックアップをオンにしている
・iPhoneに電源を接続している
・iPhoneがロック画面やスリープ中である
・Wi-Fiに接続している

Wi-Fiにつながっている状態で充電すれば、いつでも最新データのバックアップが自動で行われるわけです。

 

iCloudバックアップからの復元


バックアップのデータをiPhoneに反映させるには、iPhoneが未設定の状態である必要があります。

機種変更直後の新しい端末だったり、OSをアップデートしたときなどです。 その状態でiPhoneを起動すると、初期設定画面になります。

そこで「iCloudバックアップから復元」を選択し、バックアップをとったApple IDを入力します。

その後、いつ時点のバックアップデータから復元するかを聞いてきますので、復元したい日付を選択すると、データの復元が始まります

(iCloudバックアップからの復元には、Wi-Fiに接続している必要があります)。

iCloudバックアップから復元

しばらくすると復元が完了してiPhoneが使える状態となりますが、今度は今ままで使っていたアプリの再ダウンロードが始まります。

インストールしていたアプリの数が多いと、それだけ時間がかかりますので気長に待ちましょう。

すべてのデータ復元が完了したら、バックアップを取ったときと同じ状態になります。

なお、設定済みのiPhoneをiCloudバックアップから復元するときは、いったんiPhone内のデータをすべて消す必要があります。

「設定」から「一般」を選び、「リセット」の中にある「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択します。これでiPhone内のデータはすべて消えます。

その後、前述と同じ方法でiCloudバックアップからデータを復元させてください。

一般

リセット

iCloudバックアップの注意点

 

音楽や写真のバックアップ


iCloudバックアップでは、「App Store」「iTunes Store」「iBooks Store」から購入していない音楽、画像、動画などはバックアップの対象外となります。たとえば、パソコンで取り込んだCDの音楽などです。 これらのバックアップはパソコンで直接管理する必要があります。

各アプリのパスワード


TwitterやFacebook、ゲームアプリなど、IDやパスワードを設定するアプリでは、パスワードがバックアップ対象になっていない場合があります。各アプリのIDとパスワードは、別にメモを残すようにしましょう。 なお、パソコンの「iTunes」で「バックアップを暗号化」という方法でバックアップを行うと、パスワードもバックアップ対象になります。

バックアップ容量が5GBを超えるとき


まずは、バックアップの対象となるデータを選別することで、バックアップ容量を減らせます。 「設定」の「iCloud」にある「ストレージとバックアップ」から「ストレージを管理」をタップします。その後、バックアップをとる端末を選ぶと「バックアップオプション」が表示されるので、どのデータをバックアップするかを細かく設定できます。

情報

基本的に、容量が多い『カメラロール』をオフにすれば、大体の方は5GBで納まると思います。

カメラロールのバックアップは絶対に必要の方や、カメラロールをオフにしてもそれでもバックアップ容量が足りないときは、有料で容量の追加が可能です。 前述の「ストレージとバックアップ」内にある「さらに容量を購入」をタップすると、容量を20GB、200GB、500GB、1TBと増やせます。

5GB

 

 

←TOPページに戻る